わいわい、がやがや、略してわいがや。

1981年12月。国際障害者年に営業を開始しました。

コーヒーはもちろんおいしいですが、なによりの自慢は、障害者と健常者が一緒にお店に立っていること、そして、商売っ気が無いことです。

共にあることの自由、今よりももっともっとハチャメチャになる自由のために、わたしたちはお店を開けています。

フツーの喫茶店とは、ちょっと違います。

あなたがもし、散歩が好きなら、晴れた日の公園のベンチを思い浮かべてみてください。

あなたはなにも急いでいません。ただ……。

なにか嬉しいことがあったのかもしれません。

なにか心の底から笑えるような、愉快なことがあったのかもしれません。

なにか恐ろしいことがあって、逃げているのかもしれません。

なにか悲しいことがあって、傷ついているのかもしれません。

座って、呼吸が落ち着くまで。

言葉にならないものが、言葉になるか、どこかへいってしまうまで。

あなたはあなたのままで、嬉しいことも、悲しいことも、なにも変わらないままですが。

ただそこにいる自由のために、喫茶わいがやは営業しています。



ホーム  メニュー  アクセス  わいがや通信  ブックレット  ギャラリー  ブログ